新宿 諏訪神社

家庭のおまつり

家庭のおまつり

私達は神様に見守られ、そのご加護をいただいて過ごしています。
神棚・お神札をおまつりし、ご加護に感謝いたしましょう。
家族皆で毎日神棚にお参りすることは、「感謝の心」を養います。
人が人間らしく、幸せに暮らしていく上で、最も大切なものの一つです

【神棚のまつり方】

〈場所〉
神棚をまつる場所は、その家の人が集まる場所(リビングなど)が良く、その中でも明るく静かで清潔な高い所が好ましいです。

〈方角〉
神棚、お神札の表が南向きか東向きになるように、おまつりします。

〈お神札〉
お神札のまつり方は、下のようになります。
神棚

並べてまつる場合は、中央に伊勢の天照皇大神宮のお神札、向かって右に氏神神社のお神札、左に崇敬神社(すうけいじんじゃ)のお神札をおまつりします。
お神札を重ねる場合は、一番手前に天照皇大神宮のお神札、その後ろに氏神神社のお神札、その後ろに崇敬神社のお神札をおまつりします。
氏神神社とは自分が住んでいる地域の神社のことで、家や地域の守り神です。崇敬神社とは、個人や会社に係わりが深い神社のことです。

〈お供え物〉
お米・お塩・お水が基本です。 できれば毎日取り換えるべきですが、毎月1日と15日は、お供え物を必ず取り替えて、お酒や野菜、果物なども一緒にお供えすると良いでしょう。

〈お参りの作法〉
神棚にお参りする作法は神社にお参りするのと同じ「2礼・2拍手・1礼」です。

ページトップ▲